幸せだけではないこと。それが結婚

結婚と聞いてもあたかもそれが幸せであるようなイメージに聞こえるのは、まだそれが未知の世界だからだと思う。結婚までのプロセスはちょっとした一人旅に似ているがそれは結果的に楽しい思い出となるのか、つらい思いをしたけれどもそれがあとから笑話になるのかは本人次第というう部分が似ている。テレビや雑誌ではとても素敵な景色が移されている。それをみるとなんだかその国がとてつもなく自然に囲まれた壮大な国に感じ生きたいという気持ちが芽生える。しかしそこへ実際に行ってみると国の裏側、テレビでは放送されないことを自分の目で確かめることになる。その光景を自身で受け入れることができるのかどうかはまさに本人次第といったところ。二度と行きたくないと機嫌を損ねてみたり、それもその国のいい所だと認めるのかという部分は結婚相手むしろ恋人にも求めることなのかもしれない。

夢だけでは語れないそれが結婚

結婚と聞けば何を浮かべるのか。何がいちばんイメージされているのか色々な調査結果を調べてみた。すると思いの他にも「良いイメージ」が上位に来ているもので特に女性は結婚が恋人の延長線上に浮かべているのではないかなと思う。例えば、女性の結婚願望の始まりが働くことよりも誰かのお世話をしながら同じ空間で結婚相手のことを陰ながら支えることや、それ以外にも彼のことをもっとも信頼していれば自分の自由な時間を作ることができる。趣味を堪能し、優雅なランチタイムを友人と楽しむ。

結婚がどんなことにも前向きなイメージで確立されているのは結婚が成功している人、若しくは結婚がゴールだと思っている人だけである。夢の塊、華やかな世界、素敵な家族、そんなものを思い描いて挑んだ結婚には何が待っているのかだれも考えはしない。

どうしても答えが解らない時は

この人と一勝を供にしようと考えていても、人の考えなんて明日にはころっと変わっているもので、冷静に考えれば大変恐ろしい儀式であることはあたかもある一定の人物だけに決まっているのだと目を細めている、自分がそんなひどいめに会う訳がないと。

結婚をしたいと思う人はもっと腰を据えるべきではないかと思う。なぜ奈良安易に考えている人ほどそれが逆にストレスに変わり心がズタズタにされた気持ちになっては、相手に裏切られた気持ちで憎しみが生まれる。それが離婚の原因にもなり人生の汚点にもなっていると勝手に思い込んでいるのだ。とくにこの気持ちが大きいのは女性ではないかと考えている。それで結婚に成功・失敗があるという事を前提に腰を据えて構える必要があるというのは難しいことであるにしてもやはりそこは脳裏に置いておくべき事柄なのかもしれない。

無料ライブチャットをしらないなんて遅れてる!¥0でしゃべりたい放題!きちんと相手の顔がみれるから確実に出会える!
http://www.zx30.com/

このページの先頭へ